非常に危険な趣味があります。それは一体何でしょうか?

とある者がとある道楽に目覚めたのですが、それはとりあえず仕掛け極まりない道楽でした。
その道楽は……軽食中身だ。
特別仕掛けじゃないでしょって思われそうですが、妻の親子にとっては非常に困難ペースだったのです。

因みにとある者は先の駆け出し君ですが、当日妻が先に何とか自家製軽食を持ってきて話された条件がビックリだったのです。
カレッジ時代に軽食中身に目覚めた妻は、バイト代で毎日のように軽食を作っていました。
ただし、当時妻は大人しい品性で近くも少なかった結果、作った軽食をカレッジにとって出向くということをサッパリしていなかったそうです。
そうして作った軽食は妻の親子が食することになりました。

なんて羨ましい親子だって本来思いますよね。
但し妻の親子は、ママは減量につき軽食を食べない、父は甘いものが下手くそ、おじいちゃんも同じく甘いものが下手くそとして、妻の作った軽食は概ね当時ハイスクールだったの弟様の胃の中に消えました。
妻本人は食べても太らない慣例らしく、何も症状はなかったのですが症状は弟様だ。
誠に2年間で15Kgも太ってしまったというのです。
妻は「私のせいですか?」と言っていましたが、一番そうでしょう。
後弟様はカレッジに入学する際に家屋を出たのですが、一気に体重が落ちていうそうです。

親子が軽食中身に囚われるとそんな手強いことが……って驚嘆内容でした。http://jiadinglife.com/