森博嗣さんのテキストが楽しいので、新書の次にアマチュア書まで手を出してしまいました

リーディングは身の回りの一部感じなのですが、今どき職業などに悩んでしまい、悪循環を感じていたんです。書屋でしょっちゅう行かない書棚で見かけたつぶやきなんてを久しぶりに読んでみたりしています。その中で、凄い可笑しいなと思っていたのが、森博嗣君のつぶやきだ。不明瞭読み物民家として知っていて、若い頃はめっちゃ読んでいたのですが最近はつぶやきをメインに書いているのかぁなんて思ってしまいました。
そのつぶやきがまた面白くて、しかも今はやけに悠々自適な感じの生活をして要る製図。面白いのが、読み物は一日に1間隔しか二度と書いていないそうです。それでも、それまでに全く頑張って稼いでいたそうです。観察もしてキャンパスのセンセイもしてなので、それはそれで果てしなく著しく生きていたんだなぁって思ったりもしました。けれども、今は自分のやりたいことをめい持ち切りやっていてそんな体格夢見るなぁなんて思ってしまいました。
で、職業論とかいろんなことを書かれていて、今職業を探している自分にはびっくりの内容がいっぱいでした。断然職業は下世話なものだから決断すれば素晴らしいってこととか。そうしたら職業をすべての行き先としてはいけないとかですね。父母もバイタリティなら脛をかじっても嬉しいじゃないかというのも力強い謳い文句ですなって思いました。今の自分は貧弱ですなぁなんて思っていたあたりもあるのですが、一般人が考えつかないようなことを書いてくれていて、著しくためになりました。今は前向きに職業見つけ出しに迎えみたいって思えておるところです。高級感があるので好印象です。