チップチューンと呼ばれるジャンルのBGMは比較的需要がある?

Chiptune(チップチューンといった掴む)という名前の楽曲モデルがあります。
多分正確には楽曲モデルと言っていいのか分かりませんが、
その曲の最も重要なコンテンツとしてファミコン~スーファミぐらいの階級の
いわゆるピコピコ響きを取り入れている楽曲といった所でしょうか。
だいたい現に最高通じるのはファミコンくさい8bit響きですけど。

こういうChiptuneですが、マイナーなモデルと思っていましたが
本当は意外なほどにニードが大きくいらっしゃるモデルなのかもしれません。
外国プロレスのWWEの入場オーバーで流れて話題になっているのが
ファミコンの『ロックンロールマン』くさい楽曲で、
まさにピコピコを矢面に押し出したChiptuneですからね。
だいたいあくまでもロックンロールマン『風』のパロディーっぽい曲であり
自身ではないですけど。

ただしいまだにこう言った形でリスペクト変わるのも、
かつての日本のレクリェーションには果たして世界中で気違いが存在するといった
言う点なのでしょう。
それが誇らしくもくすぐったい反面、まだまだ問題というかうら寂しい売り物もあります。

現在の日本のレクリェーション界やレクリェーションは業界を席巻していたかつての時代に見比べたら
あまりにもすさまじさが薄くなってしまっていらっしゃる感じがしてならないのです。
だいたい、当時ができすぎだったに関してなのかもしれませんが。お得に買って欲しい