しばしば考えるとロマンもへったくれも薄い言及だけど壮大ではある

七月七お天道様は、クラスに一度の七夕のお天道様だ。
クラスに一度だけ天の川にカササギの翼の橋が架かり
織姫といった彦星の逢瀬が許される、というレジェンドと共に伝わる七夕の節句は
非常にロマンティックな恋愛的トレンドと相性がいいお天道様のように思われます。

が、一心にそのレジェンドを見てみると
「双方ともに非常に働き者の男女である織姫といった彦星が結婚した申込
あんまり適性が良すぎてジットリする事に専心して不可欠が随分こぶしにつかなくなり、
こういう婚姻を求めた織姫のお父さんの天帝が怒って二人を引き離した申込
とも四六時中ぼやくばかりで何となく大きく仕事をしなくなったので
天帝は仕方なく『四六時中不可欠に励んだらクラスに一度だけ巡り合うのを許す』
という形で何とか落ち着けた」
という、出会ってはいけないセッティングにより敗者が生成変わる
読者は微妙な面構えをせずには読めない談話となっています。

男女のジットリが就労の生産性にトドメを授けるという
諺なのかもしれませんし、実のところもしかしてお喋りの雛形状を考えた人様が
甚だしくモテなくて焼き餅の余裕あんなお喋りを考え付いた可能性もあります。
個人的には義母による奥さんいびり系見方をそれなり強く感じなくもないですが。

本当に伝説の出所は知りませんが、それが時代を経て
宇宙のスペクタクルという壮大な方法と結びついて現代に染み渡るんですから
その本当が一番壮大なのかもしれません。新型シエンタの値引きは可能です